スーパーのビニール袋は平均で12分使用された後に捨てられてしまうそうです。しかし自然によって分解されるには400年から1000年かかると言われています。
一番いいのはビニール袋を使わないこと。でも今現在の実情としてビニール袋はいたるところにあふれています。ビニール袋を減らす努力はなされていますが、それでも実際の使用時間は短いまま。そこでアップサイクリングする方法を紹介します。

 

必要なもの:

ビニール袋
ハサミ
かぎ針もしくは編棒
作り方:

まず最初にビニール袋を長い紐状にします。こちらのビデオはスペイン語のみですが、比較的シンプルな作業なのでわかるはずです。

こちらが作業の流れです。

自分の好きな色の紐を作りましょう。

これで編み始めます。こちらは基本の編み方。

これで小銭入れから、ビーチバッグ、なんでも好きなものができます。

これでビニール袋を見る目が変わるはずです。

出典: chietoku.

Share