ここはスリランカ、アヌラーダプラ付近、カラ・ウェワ保護区の湖あたりにゾウの群衆がいるとの報告が!
実は、彼らの中心にはリーダーの亡骸がそこに横たわっていました。

 

長年群れのリーダーとして活躍してきましたが、ライバルによって殺されてしまいました。
彼らは、リーダーの死を悼むために、ここに集結したのです。
鼻を使って、まるで最後の挨拶をするかのように優しく微笑みかけるのでした。
ここはスリランカ、アヌラーダプラ付近、カラ・ウェワ保護区の湖あたりにゾウの群衆がいるとの報告が!
実は、彼らの中心にはリーダーの亡骸がそこに横たわっていました。

長年群れのリーダーとして活躍してきましたが、ライバルによって殺されてしまいました。
彼らは、リーダの死を悼むために、ここに集結したのです。
鼻を使って、まるで最後の挨拶をするかのように優しく微笑みかけるのでした。
悲し気な表情を浮かべて

周りには数頭ものゾウたちが

子ゾウも最期のお別れに

みんなの心の中で生き続けていく

ゾウは社会性に富んだ動物だと言われています。
それゆえ、このように仲間の「死」を追悼するのです。

ゾウの追悼
大きな集団の群れのリーダを失って悲しみにくれるゾウたち。
しかし、彼らの心の中にはしっかりとリーダーとの記憶が刻み込まれています。
この中から遺志を受け継いだ新たなリーダーが誕生することでしょう。

出典: petbiyori.

Share