アメリカのオーディション番組『アメリカズ・ゴット・タレント』が、マンディ・ハーヴェイ(Mandy Harvey)さんという女性の、素晴らしい歌声を動画で公開しています。

ハーヴェイさんは、ウクレレを抱えて予選に登場。いつものステージと異なっていたのは、審査員席の横にもうひとりの女性が立っていたこと。サラさんという名のこの女性は、ハーヴェイさんの手話通訳のためにやってきていたのです。

 

【18歳のときに聴力を失った歌手】
実はハーヴェイさんは、耳が聴こえません。こうげん病の悪化で18歳の時に聴力を失って以来、29歳になる現在まで、状況は変わっていないんです。

けれどもハーヴェイさんは、4歳の頃から歌うことが好きで、聴こえなくなってからは筋肉の記憶や目に見えるチューナーを用いて、歌う方法を学んでいったそう。

また、靴を脱いで歌うのは、振動からテンポを確認するためだと話し、審査員を驚かせ、感心させていました。

【美しく澄んだ声が心に染み入る】
ハーヴェイさんが歌うのは、ハーヴェイさんが作ったオリジナル曲『トライ(Try)』。

耳が聴こえなくなって1度はあきらめた、でもまだまだ人生にはやりたいことがある。だから、わたしはトライする。そんな思いを込めた曲を歌うハーヴェイさんの声は澄み切っていて、伸びやかで、心にすうっと入ってきては、深い部分を刺激します。

【会場中がパフォーマンスを絶賛!】
クライマックスを迎えるや否や、会場はスタンディングオベーション状態に。

審査員のホーウィー・マンデルさんは、手話での「拍手」にあたる、両手を顔の横でひらひらさせるジェスチャーをして、ハーヴェイさんを称えています。その様子を見たハーヴェイさんは一瞬声を詰まらせて、感動をあらわに。

そして審査員のサイモン・コーウェルさんが「コレに通訳はいらないよね」と、審査員の誰かがひとりでも押すと予選通過が決定する「ゴールデンブザー」を押すと、会場からは喜びの大歓声が。

ステージにいるハーヴェイさんはその声に包まれながら、目に涙を浮かべていました。

ハーヴェイさんは間違いなく、人の心に届く歌を歌えるシンガーだと思います。何度でも聴きたくなる『トライ』。圧巻のステージを、あなたもさっそく体験してみてください。

出典: youpouch.

Share