ホームレスの男性に対して言った言葉


出典: http://www.imishin.jp

アメリカのミネソタ州ミネアポリスでカフェを経営する25歳の女性セシア・アビゲイル・ベアーズは、ある日自分のカフェでお金を無心に来たホームレスの男性と遭遇しました。

小銭を無心する男性にセシアはある提案をしました。そのことをセシアはフェイスブックに以下のように書き込みました。

ある日、彼がカフェに入ってきてお金を恵んでくれないかと言ってきた。私が彼に『どうして働かないの?私は何もしないでお金を貰えることなんてないわ』と言ったら、彼はこう言った。

『前科が多くて、そのせいで誰も雇ってくれないから路上生活をしているんだ。お金は盗むか貰うしか、手に入れる方法を知らないから…』その日、カフェはスタッフが足りなかった。

だから彼に『ここで働きたい?あなたができる仕事があるの!』と伝えたら、彼は目をまん丸くして、そして微笑んだ。ステキな笑顔だった。

毎日2時間カフェで働くようになったホームレス

出典: http://www.imishin.jp

そしてホームレスの男性マーカスは毎日2時間カフェで働くようになりました。そして彼は必ず仕事が終わるとセシアの店で食べ物を買って帰るのです。

そうすることで気分が良くなるからとマーカスは言いました。最初は食べ物さえ恵んでくれたら何でもすると言っていたのです。

これはマーカスなりの社会の一員として生きる事への意欲と自尊心からさせる行動でしょう。そのようなモチベーションを彼に蘇らせたこともセシアの功労と言えます。

”誰かに親切にしてあげて欲しい。その人の事を良く知らないのに、たとえその人がホームレスだからって過小評価してはいけない。チャンスは誰にでも平等に与えられるべきだと思う。”とセシアは語ります。

またセシアは自分も人に助けられたことがあると言い、そのおかげでこうして今ここの立てているとも…

「彼らは、私にならできるって信じてくれた。人には信じてくれる人が必要なの」

マーカスは幸運な事に自分を信じてくれる人に出会えました。

 出典: lemon-like.

Share